ねずみ駆除は殺鼠剤が使える|場合によっては駆除業者を利用しよう

男性

毒には注意が必要

蜂

蜂は強力な毒性を持っており、特にスズメバチの毒には注意が必要です。最初にしっかりと対処しないと大変なことになりかねません。そのため専門業者に依頼しますが、業者は習性を利用して、効率的に駆除してくれます。駆除後の大量の蜂と巣も処理してくれるので助かります。

詳細へ

大発生したゴキブリの駆除

害虫

ゴキブリが大発生した時は、自力で駆除をするのがきついと感じたら、専門の業者を呼んで害虫駆除をしてもらいましょう。業者は、個人では入手が困難な強力な消毒薬を使うので、安心してゴキブリの駆除を任せることができます。

詳細へ

殺鼠剤で退治する

ねずみ

効果的な仕掛け方がある

家のねずみ駆除を行う時によく選ばれる方法が、市販されている殺鼠材を使用するというものです。数日かけてゆっくり確実に仲間のねずみまで駆除します。殺鼠剤のねずみ駆除効果を高めるには、ねずみの餌になるものが多くある台所などに設置することです。餌と思って食べてくれる可能性が高くなります。天井で行動することの多いタイプの場合は、持ち帰ることができる殺鼠剤にしておくといいでしょう。どちらの場合も、一か所だけではなく、複数個所に殺鼠剤を置いておくようにしましょう。季節も重要な要素です。ねずみには食欲が高まる季節があり、秋と冬が該当します。春や夏よりも寒くなってくる時期が、殺鼠剤を仕掛けるのに適したタイミングです。

死骸を見ないで済む

天井で動き回ったり、有害な雑菌をまき散らすねずみは有害な存在です。でも、ねずみ駆除をする時に死骸を始末するのも気持ち悪いと感じる人は多いでしょう。動かなくなったとはいえ、ねずみの姿すら見たくない人もいます。殺鼠剤を使ったねずみ駆除のいいところは、効果的に駆除することができる上に、ねずみの死骸を見ないで済むということです。ねずみは警戒心がとても強い動物ですから、少し変化があっただけですぐに警戒するようになります。でも、殺鼠剤は遅効性ですから、ねずみの警戒心を刺激することなく、駆除するための罠だと悟られることなく食べてくれるのです。他のねずみも安心して殺鼠剤を食べるようになるので、仕掛けてから数日後には駆除できます。

カラスを追い払うやり方

女性

カラスを害獣駆除したいと考えた時は、地域の農家か業者に相談してみると良い結果につながることが多いです。どちらもカラスへの対策方法を常日頃から研究しているので、カラスへ対抗する適切な害獣駆除を施してくれます。

詳細へ