毒には注意が必要|ねずみ駆除は殺鼠剤が使える|場合によっては駆除業者を利用しよう

ねずみ駆除は殺鼠剤が使える|場合によっては駆除業者を利用しよう

男の人

毒には注意が必要

蜂

蜂は集団生活をする昆虫で、巣や仲間を守るために毒針で攻撃をしかけてきます。多くの場合、こちらが何もしなければ襲っては来ませんが、近くに巣があることに気づかず接近してしまったり、飛んできた蜂を手で振り払ったりすることがきっかけとなって、攻撃が始まります。蜂は音やニオイにも敏感です。もし遭遇したら静かに待避してください。間違っても、蜂を手で振り払ってはいけません。ついやりがちな行為ですが、これを行うと、かなりの高率で集団で攻撃されてしまいます。蜂は強力な毒性を持っており、特にスズメバチの毒には注意が必要です。初期の対処が悪いと、最悪の場合、死に至ります。蜂を見かけたり、巣を見つけたりしたら、迷わず業者に駆除を依頼しましょう。

蜂の駆除をしないでいると、巣はどんどん大きくなります。毎年秋になると駆除依頼が数多く業者に寄せられます。蜂は家の軒先や樹木の茂み、土の中などに巣を作ります。高い場所や深い奥の方に巣があるので、業者でもしばしば駆除に苦労する程です。業者は習性を利用して、効率的に駆除を行います。服装は、白の防護服で対策をします。黒い色を攻撃する習性があるからです。駆除には、煙やスプレー殺虫剤を使用し、巣に戻ったところで駆除を開始します。巣の回収はもちろんのこと、回りを飛び回っている蜂も1匹残らず回収します。特に女王バチの回収は重要で、再び巣を作らせないためにも、巣の中をしっかりと確認します。大量の蜂と巣は、業者が持ち帰ってくれます。