カラスを追い払うやり方|ねずみ駆除は殺鼠剤が使える|場合によっては駆除業者を利用しよう

ねずみ駆除は殺鼠剤が使える|場合によっては駆除業者を利用しよう

男の人

カラスを追い払うやり方

女性

カラスの特徴と迷惑行為

カラスは足元に落ちているクルミをクチバシで掴んで空高く上がり、地面に落として割って食べることもできる賢い動物です。ただ、大群になった時は道路や車の上に糞を落としたり、稲や野菜などの農作物を荒らすことから害獣にもなっています。害獣駆除として対策をする時は、鳥獣保護法で守られている生き物なので、棒を用いて撃退などをすると罰せられてしまいます。危害を加えようとした相手に集団で襲うこともあるため、カラスを害獣駆除する時は直接ではなく、嫌がる何かをして追い払う方法が一般的です。ただ、追い払ったとしても効果が一時的な場合があるため、再び戻ってきてしまうことが頻繁にあります。そのため、農家などはカラスの害獣駆除をする方法について色々と研究していますが、完全に来ないようにするのは難しいみたいです。

業者と農家のカラス撃退法

業者にカラスの害獣駆除を依頼すると業者は大きな音をさせたり、カラスが嫌がる香りのする何かを空中に散布して追い払います。短期的には効果がある方法ですが、長期的にカラスを来ないようにさせるには、常に同じ行動をし続けなければいけないです。いたちごっこのようですが、根気よく続けていればカラスは近寄って来るのが嫌になり、その場所には当分来なくなります。農家のカラス撃退法は、稲などの周囲に網を張って防いだり、目玉のような物が描かれた大きな板を田んぼに置いて、カラスを怖がらせたりします。一番有名なのは人間の姿に似せた案山子の存在で、カラスは人間がいると農地へ降りてこない習性を生かした撃退法です。農家の中には、農地の周囲に海鳥の鳴き声が流れる設備を設置して、カラスが来ないようにしている所もあるようです。カラスは海鳥の声が苦手な生き物なので、声を聞いただけで近くに鳥がいると勘違いをして、遠くへ逃げてしまう場合があります。